胆振地方で保護猫活動をしている「ニャン友ねっとわーく室蘭」のブログです。里親募集中の猫や譲渡会のお知らせを掲載しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 保護猫譲渡会&動物愛護フェスティバル終了しました!
2016年09月13日 (火) | 編集 |


9/10~11の2日間に渡ってDCMホーマック様で開催させていただきました「保護猫譲渡会&胆振動物愛護フェスティバル」が無事に終了いたしました。
1日目のご来場者数は496名
2日目のご来場者数は789名
2日間に渡って募金いただいた金額は31,410円
今までかかりました医療費や、今後の活動費に使わせていただきます。

支援物資もたくさんいただきました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

IMG_2183.jpg

準備不足、力不足な点は多々あったと思いますが、ペットショップで命を買うのではなく、こういった場から迎えることができるのだと、また多くの方に知っていただけた実りある2日間だったと実感しております。

image5s.jpg

2日間合わせての参加猫が23匹、そのうちの9匹が決まりました。
写真で参加した子のうち、1匹が決まりました。
合わせて10匹に新しいおうちが見つかりました。

以下、決まった子もそうでない子も写真もりだくさんでお楽しみください。

[続きを読む]
 保護猫譲渡会&動物愛護フェスティバル
2016年08月29日 (月) | 編集 |
保護猫の譲渡会: 9/10(土)~9/11(日)  動物愛護フェスティバル: 9/11(日)

2016_iburi_fes_web_v3.jpg

●開催時間 :
9/10(土) 10:00~16:00 ニャン友ねっとわーくのみ
9/11(日) 10:00~15:00 胆振総合振興局「動物愛護フェスティバル」との共催

●開催場所 :
室蘭市東町 DCMホーマック弥生店様
9/10~9/11 保護猫譲渡会: 店内特設コーナー  9/11動物愛護フェスティバル: 店頭駐車場

※ニャン友の保護猫の譲渡は先着順ではありません。希望者様と面談の上で決めさせていただきます。
※保護猫の譲渡につきましてはかかりました医療費のご負担をお願いいたします。

例年、屋外で行われている胆振総合振興局の譲渡会ですが、ニャン友と共催ということで、初の屋内開催となります!
以下が振興局様9/11のイベント内容です。
【動物愛護フェスティバル】
犬の訓練士による訓練・しつけの実演(荒天中止) 11:00~11:30
ワンちゃん・ネコちゃんのなんでも相談コーナー   10:00~12:00/13:00~14:00
この機会に動物愛護に触れてみましょう!

9月10日、11日はぜひ、DCMホーマック弥生店様へお運びください(^^)/

 7/9譲渡会終了
2016年07月09日 (土) | 編集 |
告知期間不足、さらに告知自体が不足していたにもかかわらず、予想を超えてたくさんの方にご来場いただきました。

生後間もない子猫たちはちょうど母猫からの免疫が薄れ、体調を崩しやすくなる時期です。
本日も運悪くお腹を壊したりで参加できない子が多く、成猫子猫合わせて5匹の小所帯での開催となりました。

IMG_0904.jpg

IMG_0878.jpg

IMG_0865.jpg

IMG_0855.jpg

IMG_0829.jpg

遠く札幌から支援物資をお届けくださった方もいらっしゃっいました。
いつもながらみなさまのご支援には言葉では表しきれない感謝の気持ちでいっぱいです。

IMG_0919.jpg

『あたち、おうち決まりまちた!』



5匹中、一匹だけ決定した強運Girl。さすが鼻息荒いです。

こうやって「運命の出会い」を待つ機会さえ与えられない猫たちが、まだまだ日本にはいっぱいいます。
「猫ブーム」っていったいなんなのでしょう。保健所には立て続けに飼い主から見捨てられた猫たちが持ち込まれ、処分されています。ノラ母猫から生まれた子猫は病気や事故で数ヶ月も保たずに死んでいきます。

テレビや雑誌の情報に踊らされることなく、命の重さを考えてみてください。
空前の猫ブームの中、高額な値札を掲げられたガラスケースの中で一日を過ごす猫、外生活で不幸な事故に遭う猫、飼い主に十分な愛情を与えられず、やせ細った猫。
どれも「不幸な猫」に変わりはありません。

「命を大切にする」

シンプルで当たり前の考えが、この国には足りないような気がします。



 【譲渡会情報】5月14日・15日
2016年05月07日 (土) | 編集 |
室蘭では初の2日連続開催、ホーマック様のご協力を得て、東町の弥生ショッピングセンター内店舗で開催いたします。



手売島からも2匹参加予定です。
当会からも20匹ほど、当日の体調を見て参加させる予定です。
参加予定猫の紹介や、他の譲渡会の日程などはこちら。
facebook内にも情報ページがございます。
環境省と羽幌町の「天売島の猫」対策の詳細についてはこちらをご覧ください(海鳥センター内の天売島の猫リンクをクリック)。

日時:5/14(土)、15(日)両日とも10:00~16:00
場所:室蘭市東町1丁目 DCMホーマック弥生店

主催は、ニャン友ねっとわーくが参加する北海道DOぶつnetと「人と海鳥と猫が共生する天売島」連絡協議会ですが、いつもの室蘭譲渡会メンバーがお迎えいたします。
どうぞ皆さま、足をお運びくださいませ。

室蘭市内・近郊のホーマック様にてチラシ配布中です。お立ち寄りの際には「猫譲渡会のチラシありますか?」と店員の方にお声掛けください。



 【1/31譲渡会結果ご報告】
2016年02月02日 (火) | 編集 |


 今回の参加猫は総勢9匹。うち1匹は極度の緊張からケージに移すことが叶わずキャリー引きこもりとなり、8匹でのお迎えです。 時節柄ほとんどが大人の猫で、最年少でも生後半年ほど。来場者の中にはやはり「子猫いないの」とがっかりされる方もいらっしゃいましたが、ご説明させていただくと皆様が事情をご理解くださり、実に和やかな会となりました。
 ドキドキが収まらずケージを覆って薄暗がりにしなければならない子、「どこへ行っても看板猫のお墨付き」をいただけそうな接待係、「出して~~遊んで~~」と叫び続ける子など、いつになく個性的な子が多く、にぎやかな譲渡会でもありました。

 足をお運び下さった方は多かったものの、残念ながら譲渡には至りませんでした。ですが、新聞掲載のご協力やチラシ配布の甲斐があり、猫と触れあえる場所があると知っていただけたこと、譲渡会がけして「猫を飼う確かな意志がある方のための会」だけではなく、猫にまつわる相談事を承れる場としてもご活用いただけること、が草の根運動で広まっていると実感できた一日でした。

tork.jpg

tora.jpg

pi.jpg

krm.jpg

12642904_1686129391668890_4029790033454877795_n.jpg

hnm.jpg

cb.jpg

 当日ご協力いただきました額は
 募金:7,000円
 ハンドメイド姫組様より:2,060円
 K様ハンドメイド商品売上:1,700円
 計10,760円を猫の医療費などに使わせていただきます。
 猫たちのご飯などもご支援いただきました。各保護主宅に配布させていただきます。

 連日続く真冬日で朝から底冷え、路面状況も悪い中、オープン直後からほぼ途切れることなくお客様がご来場くださいましたことに感謝申し上げます。段取りが悪く、一部のお客様にお待たせしてしまいましたことをお詫び申し上げます。
 次回の開催日、開催場所は未定ですが、決まり次第このブログなどで告知させていただきます。

hime.jpg

bs.jpg

 皆様にご協力を仰ぎたいことがございます。
 生き物を扱う催しのため、譲渡会の会場がなかなか見つかりません。室蘭・登別・伊達などで無料、もしくは格安で譲渡会会場をお借りできる場所をご存じの方、ぜひご一報ください。
 また、預かりボランティア様は常に絶賛大募集中です。保健所から引き出したり、拾われたりした猫に新しい飼い主が見つかるまでの一定期間、ご自宅でお世話いただくボランティアです。転勤があったり、ご高齢で猫を飼うのを諦めている方などに最適です。大人猫であればお一人暮らしの方でもご協力いただくことが可能です。
「私には無理だわ」とお考えにならず、まずはメールフォームなどからご相談ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。